日々の静穏

 
 
 
静穏の時間をモノクロームで 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

いつも一緒

いつも一緒



我が家にホームステイしていた子供好きの留学生。
このブログではすっかりおなじみになりました。

子供たちは、大好きな彼から片時も離れようとしません。
そう、漫画を読むときも。

↓は、この写真と全然関係ない、カメラの話。



Carl Zeiss が ZF.2 というレンズシリーズを発表したようです。
これ、従来のニコンマウントのシリーズであるZFに、光学系は同じままCPUを内蔵したもの。
もっとも、AFにはなっていないようです。

ZFシリーズでは 50mm/F1.4 を持っていて、随分良く使っていますが、どうせなら最初からCPU入れておいてくれたら良かったのに・・・と少々微妙な気分。
まぁ、CPUなんて関係ないカメラにつけているので、気分だけの問題なんですが。

このシリーズ、ニコンの少し前のカメラにつけるとカッコいいんです。
レンズ性能で一番気になるのが歪曲なので、広角系は何しろ真っ直ぐ写るライカマウントのシリーズのほうに興味がいきますが、望遠系は一眼レフのシリーズの方が真っ直ぐ写るようで、デザインのかっこよさにも惹かれてしまいます。
CPUが入ると、最新のカメラでも使いやすくなります。
言い訳も揃って、物欲がそそられそうです。


Genre : 写真  Theme : モノクロ
  20:00 | 人々 | Trackback:0 | Comment:4 | Top
 
 
 
Comment
 
 
 
 Dr Ken [URL] #HfMzn2gY
ご無沙汰です。
僕もZFレンズのPlanar 50/1.4を愛用しています。
Nikkor 50/1.4も気に入っていたのですが、すっかり出番が減ってしまいました。
渡英のどさくさにまぎれて(嫁の目をかすめて)Makro Planar 100/2も手に入れましたが、コイツもすごいですね。でかいのと等倍でないのがやや残念ですが、Nikon F mountにZeissが直接付く事だけでも、当時(といっても未だ3年程しか立っていませんが、笑)は夢の様でしたよね!
最近のデジイチに付けるならばCPUが入っている方が良いでしょうね。残念ながら僕はF3とFM3Aしか持っていないので、全く関係がありません(笑)。
 2009.12.01 Tue 07:27 [Edit]
 teakwood [URL] #63pg0xT2
Dr Kenさん、こんばんは!
好みが合いますね^^
私も、Planar 50/1.4 は、FM3A につけっぱなしです。
この組み合わせ、いいですよね♪
ついでに、Makro Planar ですかぁ。
これまたそそられるレンズですね!
85mmも良いようですが、発売以来ネットで眺めているだけです。
Nikkor の AF の 85/F1.4 が素晴らしいレンズなので、なかなか手が伸びかねています^^
Re: タイトルなし 2009.12.02 Wed 23:48 [Edit]
 uribo [URL] #G2UhpZEg
おぅ!カッコイイ♪
uriboも、片時も傍を離れたくないかも・・(爆)

でも、反対に避けられるかな?(笑)
 2009.12.08 Tue 08:29 [Edit]
 teakwood [URL] #63pg0xT2
uriboさん、こんばんは!
すっかり返事が遅くなりました。
チャレンジしてみますか^^
Re: タイトルなし 2009.12.14 Mon 23:53 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://teakwood.blog27.fc2.com/tb.php/428-ca776a70
 
 
 
プロフィール
 

teakwood

Author:teakwood
*
関西在住の2児の父です。
基本は銀塩モノクロ
ちょくちょくデジタル
たまにリバーサル
でもカラーネガも捨てがたい
よろしくお願いします!
*
リンクフリーです。

 
 
 
 
 
 
Best Selection
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あし@
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。