日々の静穏

 
 
 
静穏の時間をモノクロームで 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

野性

野性



とっさのシャッターチャンスを捉えるには便利なズームレンズ。
どんどん写せる割に、ネガを見ると、面白くない写真が多い。

頭と体をフル回転させることが要求される単焦点レンズ。
取りこぼしたシャッターチャンスは数知れないと思いながら、仕上がったネガを見ると、気に入ったカットが入っている確率は比較的高い。

よく言われることですが、経験的にもそのとおりの結果になります。
単焦点を使うときは、レンズの特性や画角をずっと意識して歩くことになるので、より敏感になっているのでしょうか。
不思議なものです。

今日は、ズームの中でも高倍率のもので写した1枚。
寄って撮る暇もなかった状況で撮れたのは長いレンズの威力ですが、やはり、近づいて50mmくらいで撮れると良かったかな。
今年は、甘えないズームの使い方を少し考えてみようかと。



Genre : 写真  Theme : モノクロ
  20:00 | 生き物 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://teakwood.blog27.fc2.com/tb.php/832-173459a1
 
 
 
プロフィール
 

teakwood

Author:teakwood
*
関西在住の2児の父です。
基本は銀塩モノクロ
ちょくちょくデジタル
たまにリバーサル
でもカラーネガも捨てがたい
よろしくお願いします!
*
リンクフリーです。

 
 
 
 
 
 
Best Selection
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あし@
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。