日々の静穏

 
 
 
静穏の時間をモノクロームで 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

仏花

仏花



カメラは、便利だから、高機能だから、失敗しないというものではなくて、どうも高機能故に失敗したりします。
例えば、露出計。
フィルムの感度の設定を間違えると、露出計が出してくる絞りやシャッタースピードは、当然間違ったものになってしまう。

露出計のないカメラだと、当然オートなんてものもないから、歩きながらでも、目に入ってきたものの光線の状態を見て、指が反射的にダイヤルを回してちょこちょこと露出を調整してくれています。
それなら、勘が外れることはあっても、感度違いの心配はなし。

で、本日は露出を間違えた写真。
使ったカメラはF6なので、そうそう間違いはないのですが、ちょっと薄暗いところで珍しくマニュアルモードで撮影したのはいいのですが、そのことを忘れ、その後オートのつもりで撮り続けたら、軒並み露出オーバー、という失敗。

フィルムの面白いところは、それでも遊べてしまうところ。
この写真、実は露出オーバーのネガ。
ネガは黒く、焼けば眠い。
私の技術だと、暗室ではどうしようもないネガ。

でも、フィルムスキャナでスキャンして、明るさを思い切り下げると、トーンの残った背景は何とか見れる状態になり、白く飛んでしまった花が浮かび上がってきました。
後は、コントラストを調整して、何となく面白い写真に。

フィルムで写してデジタルでプロセスする。
いいコンビです。


Genre : 写真  Theme : モノクロ
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://teakwood.blog27.fc2.com/tb.php/840-958dc576
 
 
 
プロフィール
 

teakwood

Author:teakwood
*
関西在住の2児の父です。
基本は銀塩モノクロ
ちょくちょくデジタル
たまにリバーサル
でもカラーネガも捨てがたい
よろしくお願いします!
*
リンクフリーです。

 
 
 
 
 
 
Best Selection
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あし@
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。