日々の静穏

 
 
 
静穏の時間をモノクロームで 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

光霊

光霊




このブログに出てくる35mmのズミクロンの表記には、ASPH. がついたものと、ついていないものの2種類があります。
ライカユーザーの方には言わずもがなですが、ASPH. がついているのは非球面レンズを使った現行モデル。
感動的に良く写るレンズです。

ついていないほうは、最初の35mmズミクロンで、「8枚玉」と呼ばれているモデルです。
レンズが8枚使われているから「8枚玉」というネーミングで、その後の球面レンズモデルである「6枚玉」や「7枚玉」と区別されています。

8枚玉は、一時期神話化されていたレンズ。
確かに工芸品的に作りがよく、写りもとても緻密で穏やかなのですが、使ったからといって、何か特別すごい写真が撮れるわけでもありません。
当たり前ですね。

このレンズを気に入っているのは、コントラストを保ったままフィルムのラティテュードが広がるように感じるところ。
ラティテュードが広いと、コントラストが落ちて眠くなりがちなのですが、そういうこともなく、同じフィルムを使っていても、ハイライトもシャドーもよく粘ってくれるように思うのです。
古いライカのレンズ全般の傾向かもしれませんが、特にこのレンズは、コントラストとラティテュードのバランスは絶妙ではないかと思います。
アナログプリントでも、デジタル処理でも、扱いやすいネガを作ってくれます。

もうひとつは、すごく指のかかりが良いフォーカスレバー。
これを真下に持ってくれば、2メートル。
頻繁に使う距離を基準にフォーカスを考えることができます。

弱点といえば、現在のようなコーティングがない時代にレンズを8枚も使っているので、フレアやゴーストが発生しやすいことでしょうか。
今日の写真、フードをつけずに逆光で写したら、こんなことになりました。
絞りは、F11くらいだったでしょうか。

まぁ、現代のレンズでは、なかなか撮れない写真、ということもできますね。



Genre : 写真  Theme : モノクロ
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://teakwood.blog27.fc2.com/tb.php/853-675729b8
 
 
 
プロフィール
 

teakwood

Author:teakwood
*
関西在住の2児の父です。
基本は銀塩モノクロ
ちょくちょくデジタル
たまにリバーサル
でもカラーネガも捨てがたい
よろしくお願いします!
*
リンクフリーです。

 
 
 
 
 
 
Best Selection
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あし@
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。